1. Sekai Blue Home>
  2. Profile

世界ブルーと出会うまで  “IKURU”

幼少よりマリンバを習う。10歳頃より無意識にメロディーが浮かび、13歳の誕生日より自声的部分録音=生曲を秘密裡にいそしむ。十代の口癖は“メロディー”と“コンセプト”。IKURUという存在となって作詞作曲に夢中。2010年時点で自作フレーズは10,000~30,000程(推定)。

世界ブルー = あおきまさと  “生曲、歌、創作に人生を捧ぐ”

1997年パリにて世界ブルーを着想。それまで感じていたSomething Important(静と動、普遍性と例外性、空、夢)を世界ブルーに見い出す。2000年よりアーティストサイト名、2002年よりイベント名として冠され、2003年3月よりソロプロジェクトとして始動。現在はあおきまさとの存在そのものとなっており、彼のメロディーと関連したすべての創作・表現・生き方を指す。より強い衝撃を。普遍性に根ざした感動を。細胞と宇宙、陰陽、解放感。伝えられない何かを伝えてゆく。

創作  “originality & identity”

どうしてもメロディーが溢れてしまう状態になり1999年3月より創作人生を歩む。2000年3月高橋幸宏氏のネット&ラジオ連動番組にて「sume-pa」(『おしっこのわな』)と「琴の音を聞く」(『はいから三寸気分』)がオンエアされ、全国@NIFTY会員一般投票第1位獲得。その後“生涯でこれだけは発表したい曲”を世界ブルー楽曲として350曲~500曲に絞りDEMO音源を創作・完成(2000年4-9月)。

2001年9月には「白熱灯と君」(『from here on』)がMusic@NIFTY-@NOBISにてアゲントコンシピオ代表の高橋信之氏により“バックトラックの良さは秀逸”“名曲”“相当もう来てる”と称讃・月間第1位に選ばれ、2004年3月FM Nack5 Japanese Dream - Music Challengerでは「忘れない」(『from here on』)がグランプリを獲得するなどリスナーや音楽専門家より高く評価される。音楽評論家の富澤一誠氏より「正統派でもなく、異端でもない。まったく新しい“ゆるいポップス”の誕生だ!」と賛辞を受ける。

2004年10月に1stAlbum『from here on』、2009年12月に2ndAlbum『繊細』を全国リリース。独特のメロディー世界と媚びない歌詞。“「なんだ、これは?」と思わせる” “新鮮さ” “個性”が“見事なまでに毒となって”リスナーの耳を心地好く“裏切”ってゆく(” “内は富澤一誠氏による『from here on』評)。空気感を大切に噛みしめたいリスナーからの評価は高い。

♣ その他オンエア、受賞・入選曲多数♣
『Twinkle Blue』:@NOBIS、口笛風景(『口笛風景』)J-Wave ピストン西沢氏の投稿王国、「Ever Lasting」(『朝』)「I May Love you」(大御所作品):Music Challenger、「空が青いのは」(『朝』):FM福岡・北九州・京都・浜松各局、「Make Me Happy!」「Love Me Yes」「通り雨」(『from here on』):カレッジチャートジャパン、他

表現  “live to love, love to live”

ストイックな佇まいと独特の“間”でゆったりとピアノを弾き語る“からっぽ巡り”、圧倒的なエネルギー量を放つ嬉し恥ずかしマイク一本パフォーマンス“あおきまさとOnStage!!”にてアーティストとしての存在感を確立。唯一無二の歌声にはミュージシャン仲間からの支持も熱く、アクの強さ・アーティストとしての色気も際立ちロック・ポップス愛好家達からのエールが強い(オーラの底なし沼、天災、濃い、音楽ではなく哲学などとの評)。

2010年4月に両蓋扁桃腺摘出手術。復帰後、自身を試すべく完全即興ライブ“妄想壁画”をスタート。リアリティ、細胞と宇宙、解放感、意外性、侘び寂びなど表現の在り方を楽しんでいる。集合体(オーケストレーション・民族楽器・ストーリー性・バンド編成)としての世界ブルーステージを2016年始動目標に現在は創作とセッションに注力中。

日常  “バールに立ち寄る感覚で”

Life is just once. How many times can we say "See You Again" ?

残りの人生あと何年、何十年"生きる"ことができるだろう。その中で自分のアイディアをどれだけ実現できるだろう。沢山のメロディーをどれだけ形にできるだろう。表現をどれだけ多くの人達に観て貰えるだろう。

僕達は限られた時間軸の中で生きている。生き物として受け入れなければならない事実。まだ見ぬ新しい出会いがあるかもしれない。イベントに出掛ければ・パーティーに参加すれば誰かと必ず繋がる。旅先ではよき出会いが必ずある。

バールに立ち寄る感覚で。お互いにとって役立つ情報や感性の交換の場として。よろしく。第一義は"ツナガル"。そうありたい。

aokimasato

世界ブルー  あおきまさと

1974年10月11日生 血液型A型(AO)
八白土星 運命数6
埼玉県秩父市生まれ 上尾市原市育ち
東京都杉並区下井草在住

私立城北中学校・高等学校
卓球部・男声合唱部所属
学習院大学経済学部経営学科
比較経営史(湯沢威ゼミ)専攻
株式会社ニコン カメラ貿易部退職後
1999年3月1日より創作人生を歩み始める

巡る  Favorites

Nazaré  Monsaraz  Great Barrier Reef (Cairns)  Venezia  Ronda  Zahara de la Sierra  Sevilia  Èze  Luxembourg  San Francisco  New Orleans

Musée de l'Orangerie (Paris)  Musée national Pacasso Paris  Museu Picasso de Barcelona  Musée national Marc Chagall (Nice)  Van Goch Museum (Amsterdam)  Teatre-Museu Dali (Figueres)  The Art Institute of Chicago

竹富島  石垣島  西表島  鉄輪温泉  四万十川  琴が浜  尾道  奈良  奥多摩  秩父  天橋立  駒ヶ根  ちひろ美術館・東京

繋がる  Keywords

家族  健康と快楽  細胞と宇宙  食  家事  品性  バレエ  オペラ  珈琲  陶芸  フラメンコ  ハワイアン

モネ  モーツァルト  ビートルズ  ビージーズ  アバ  イーグルス  夏目漱石

Non-Smoking, please